ヤマスポ第五弾

 3月24日、開成町福祉会館にて一般社団法人 あしがら青年会議所主催にて開成町長立候補予定者の公開討論会が行われました。
 山神ゆたかは、まっすぐ前を見つめ未来を語りました。会場にいた方々に熱い思いが伝わったかと思います。
 定番となった母校の校歌から始まり、会場をざわつかせ、惹きつけられたはずです。 また、各質問の内容も制限時間内にまとめ、的確に会場の方に伝えられたかと思います。
 印象的な部分は、町の合併についての話題です。山神ゆたかは合併についてはノーを掲げました。理由は平成の大合併がひと段落し、国としては今後合併では無く圏域での連携を強く推進する方向にあると見ており、財政効率化の課題は合併では解決できないとの考えるとの事。実際に、大学院では足柄上郡と同規模を含む合併自治会の財務データを分析、合併による財政効率化の検証を行い合併についてはノーとの答えになったようです。また、先日の後援者集会に起こしいただいた、明治大学公共政策大学院 ガバナンス研究科 専任教授 兼村 高文 様 (恩師)もこの検証について評価していました。
 公開討論会の姿を見て、山神ゆたかを今後も全力で応援していく!と決意を固めました。
 なお、公開討論会は会場撮影や録音等が禁止されているため、実際の画像はありませんが今後、山神ゆたかのブログにて述べた内容を公開していきます。